うまくいかない時は、基本にかえってみる

皆さん、こんにちは!

人材育成を通して働く人のモチベーションを高め
仕事と職場のイノベーションを目指す企業をサポートする
教育研修プロデューサーの菊地修です

気づきは
人から与えられるのではなく
自らが得るもの

それは
行動体験を通した「納得」からしか得られない

これを再認識している今日この頃です

研修を企画し講師として育成サポートする私ですが、
受講者の皆さんには「気づき」は与えられない
と思っています

「納得」からの気づきを得るための
行動を促すことしかできないと・・・

今日のテーマは
「うまくいかない時は、基本にかえる」です

どうぞお付き合いくださいね

==========================
うまくいってないのは
基本からそれているから
==========================

先日、
某病院の看護師など職員の方を対象に
「働き方・生き方」セミナーを行いました

受講後に提出してもらった振り返りシートに
こんな感想を寄せてくれた方がいました

「今日の研修で改めて思ったのが、
医師も介護士もMSWもケアマネも専門能力を高くして連携することの大切さと、
職員どうしがお互いを尊重し合って、
信頼し合える関係を構築することで、
患者さんののQOLが高められるという基本中の基本。
でも、毎日の忙しさだけに気が行ってしまって
スタッフどうしの尊重や信頼の大切さなんて
どっかに行っちゃってました。
仕事がうまくいかないのは
自分以外の誰かのせい・・・
そんなことだけが、原因だと思ってた。
実に恥ずかしいことだ。
うまくいっていない原因は
スタッフどうしの信頼関係づくりを怠っていたから。
基本に返らねばと強く実感しました」

表現は違っても
ほぼすべての受講者が
「基本にかえる」ことの大切さを感じてくれたようです

目指す業績に届かない
業務が計画どおり進まない
製品や商品やサービスが売れない
客足が減った
・・・・・

こうしたことは
どこの企業でも事業所でもあることです

大切なのは
こうした状況になったときの対応策です

業績が上がるように
モノやサービスが売れるように
お客さんが増えるようにと
「もっともっと頑張る」のがよくない

もっと頑張るということは
これまでのやり方を延長するということだから

それ、あんまり効果はないでしょう

うまくいかないのは
基本からそれたやり方をしているから

お客様のお役にたつ とか
職員やスタッフどうしがお互いに尊重し合って
チームワークのパフォーマンスを高める とか
スタートする際に描いた絵のベースとなる「基本」を
いつの間にか軽視していたり、忘れているから

今の状況をどうするか
ではなくて
「そもそも、何を大切にしようとしたんだっけ・・・?」
「どんな状態を目指したんだっけ・・・?」と
基本(初心)にかえってみるといいでしょうね

個人でも
「自分は、なぜ(どうなりたくて)この仕事をしてるんだっけ?」と
一度、基本にかえってみると
忘れていたこと
でも大切なことを思い出すことでしょう

進めながら修正していくのはいい
それが、基本に沿った方法であれば

うまくいかない方法で
ただもっと頑張る・・・では、事態は良くなりません

進むだくじゃなくて
立ち止まって考えてみる勇気を持ちたいものですね

進化・成長・成果は
いずれも
基本の上にあるものです

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました

今日も
楽しく仕事ができますように

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村


人材・教育ランキング