知識を「知恵」に

皆さん、こんにちは!
モチベーター&コーチの菊地修です

いよいよ1週間後の20(水)開講
『ペアレントコーチ養成プログラム 第1期』参加者募集中!
お子様はもちろん、
チームメンバーや部下の前進と成長を促すコーチングスキルを
学んで実践できるプログラムです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://k-sogo.jp/blog/archives/871

さて、今日のテーマは
「知識を『知恵』に」です
どうぞお付き合いくださいね♪

=======================
得た知識を
知恵にするには
=======================

僕は昨日、
仙台で顧問先企業の社員研修を行ってきました

一般社員から初めて昇格した皆さんの約60名が
その役割と
役割の果たし方を確認して、
現場での実践に移せることをねらいました。

こうした研修やセミナーでも
コーチングセッションでも
そしてこのブログでも、
皆さんに提供しているのが「考え方」です

自分に課せられたミッションを果たすためだったり
目標に向かうための
◎心のあり様
◎方法と手段の例の選択肢
を提示して
自分に合ったものを見つけてもらうようにしています

提供した情報で
新たな知識を得てもらうわけですが、
知識を得ただけでは、
実は何も変わりませんよね。

知識を「知恵」に変えなければ・・・

=========================
行動と実践のシナリオが
知識を知恵にできる
=========================

昨日の研修でも
「ここまでは『知識』です。さて、これを『知恵』にするには・・・」
考えてもらいました

それは
自分の行動・実践に落とし込むシナリオを作ることです

その方法は3つ

◎ミッションを果たす上での「現状の課題」を発見し把握する
◎どうなればいいか(つまり「目標」)を描く
◎目標達成のための具体的な行動を決心する
です

これが前進と成長を実現するシナリオ

これ、
頭で考えているだけではダメで
「書き出す」のが必須です

研修では専用のシートを準備して
書き出すという作業を行ってもらっています

新しい役割に
「何となく不安」
「何となくスキル不足を感じる」
というのが
昨日の研修スタート時の受講者の気持ちでした

何が不安なの?
スキルとして何が不足しているの?

これを明らかにするために
書き出してみる

すると
その不安の対象は、
いーーーっぱいあるんじゃないかと思っていただけで
実はたいていが限定的なことに気づけます

で、
「自分はこの課題の改善に、この方法で取り組む」と決心できる

これが
新たに得た知識を「知恵」にするということ

知識を得ただけで満足する人が多いですが、
得た知識を仕事や生活、そして人生に活かさなければ
知識も宝のもちぐされになってしまいます

自分には
何が必要で
どうありたくて
どう行動するかを決心する

そして行動に移す

こんな単純なことなんです

情報が溢れすぎともいえる現代社会で
入手した情報(知識)を自分型に編集する。
そして
行動に活かす

超基本的なことです

知識を知恵に

今日も良い日を!!!

こちらもポチっとお願いです
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村


コーチングランキング