苦手よりも強みを

皆さん、こんにちは。

良くなりたい・実現したい人の背中を押す

BRAVOエデュケーションズの菊地修です。

 

「良くなりたい」「実現したい」の想いを持ってる方の背中を押す・・・

これ、僕のミッションとして認識しています。

広告用だけじゃなくて(笑)、

自分自身の想いをこうして表明し続けるって大事なこと。

なので、

今回から皆さんへの最初のご挨拶に入れ込ませていただきたいと思います。

1行増えますが、どうかお許しください(-_-;)

 

今回のテーマは「苦手よりも強みを」です。

どうぞ、お付き合いくださいね。

 

うまく行ってる時に限って出る

「あ、私ってダメなんだよなぁ・・・」

今回も、コーチングセッションの話からです。

 

先週末にセッションしたクライアントのSさん(女性)、

彼女は大学卒業後に保険会社に入社して約15年、

本部社員としてバリバリ仕事をこなしながら、

2人のお子さんの子育てにも奮闘中のステキな女性です。

「今の会社も好きだし、働くことも大好きです!」

と、いつもおっしゃるSさん、

実は来春の独立起業を目指して準備を進めています。

今度詳しくご紹介しますが、

<働く女性のためのキャリア形成コンサルタント>

をこれからの自分のミッションに位置付けています。

僕との出会いは、

1年ほど前におこなったコーチングセミナーにご参加いただいたことがキッカケで、

その後ずっとコーチングさせてもらっうことに。

◆ビジネスとして成り立つ起業

◆商品(企画)メニューの作り方

◆ターゲッティング&ブランディング

といったコンサルの内容も随時取り入れながら、

彼女の「ありたい未来」の実現に向けてお手伝いをしています。

 

仕事も家庭も、文字通り「全力投球」の彼女を見ていると、

こちらも勇気づけられることが多いです。

 

そんなSさんとの今回のセッション、

僕の「近況からお話くださいますか?」に、

いつもはドドーーーっと出る思いや考えなのに、なんか元気なし。

起業が目前となって不安に襲われているのかといろいろ聞いていると、

「今一番気になってるのが・・・」

「実は、家事がうまくできないことなんです」と。

「こんな状態で起業したら、家庭内が崩壊するんじゃないかって」

 

仕事があって子ども(旦那様)の世話もあって、

どうしても掃除・洗濯といった家事がおろそかになってしまうらしい。

「正直言って、家事、嫌いなんですよねぇ・・・」

「やらなきゃと思いつつ、優先順位が上がらないんですよねぇ・・・」

 

救われるのが、

旦那さんはそんな状態(家の中が)のときは、

食後の後片付けや洗濯&干す、掃除機かけることも嫌がらずにやってくれるという。

「でも、本来私がやるべきことなんですよね」。

 

苦手な自分を許そうよ

頼れるなら、頼っちゃえ!

「旦那様は、どうして嫌がらずに掃除・洗濯をしてくれるんだろうか?」

僕からの問いに、

「あまりのヒドい状態を見かねてなんじゃないでしょうか」とSさん。

僕は、

「旦那様は、本当のところ、どう思ってるんだろうね?」

Sさんからは、

「~~かもしれないし、~~かもしれません」と。

僕から、

「気になってるそのことを、一度旦那さんに伝えてみれば?」。

「家事が苦手で、気持ちの負担になってるということを、ね」。

アクションを起こせば、リアクションが生まれるはず。

旦那さんも実は家事(の手伝い)を苦痛に思っているのかもしれないけど、

仕事も育児も起業の準備も頑張っているSさんの姿に、

「自分もできることで応援したい」

と思ってくれているのかもしれない。

旦那様の本当の気持ちを知ることで、

次にとるべきアクションも見えてくる。

「こうじゃないか」とか

「そうに決まってる」というのは、自分の勝手な思い過ごし。

まずは、伝えてみようよ。

 

そして、

家事は妻(母)に課せられた『義務』ではない。

ましてや、

フルタイムの仕事を持ち、

保育園への送り迎えなど子どもの世話も一手に引き受けてるSさん。

起業は彼女にとって大切な大切なチャレンジ。

夫だから、妻だからなんていうシバリから自分を解放して実現させたいことでもある。

 

家事が苦手だっていいじゃない。

問題は、

そのことを認めず、

誰にも頼らず、

ストレスのままでいること。

これこそいつも言ってる「時間とエネルギーのムダ」。

頼れるなら、頼ればいいのです。

頼っていいのかどうかは、相手に伝えてみないとわからない。

自分で勝手に決めつけちゃダメ!

もっと楽チンに生きましょうよ。

 

苦手なことの克服に時間を使うなら、

得意(好き)なことを、トコトン伸ばすべき。

(by ドラッカー)

誰にでも苦手なことがあるけれど、

得意なこと好きなことも、誰でもあるはずです。

ただ、自分を見つめてみることを避けてると気づかない。

 

自分の得意なことってなんだろう・・・?

 

きっと、

いや、

ゼッタイにありますよ、誰にだってね!!

そこを伸ばすんです!

もちろん、弱い部分の克服にも意味があるけれど、

人がストレスから解放されてズンズン突き進める状態になれるのは、

強みに気づいて伸ばしてるからです。

 

自分の弱いところや苦手なことだけに、気を奪われていませんか?

ある程度、ほっといていいんですよ。

その分、得意なこと好きなことで幸せ気分になれれば。

あなたが幸せであることが、

まわりの多くの方を幸せにします。

 

一度、自分を見つめる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

今日も、よい1日を!!

 

読んでいただき、ありがとうございます。

気に入っていただけたら、↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村