転職は転機

皆さんこんにちは

今日も

よくなりたい人、ゴールに向かう人の背中を押します!

BRAVO!エデュケーションズの菊地修です

 

顧問先の研修のため出張続きで、

このブログの更新をサボってます(;’∀’)

やろうと思えばできるんですけどね・・・

ま、これでいいのだ!と自分を受け入れるしかないか(笑)

 

今日のテーマは「転職は転機」です。

今回の出張研修の中で、

中途採用の新入社員が対象の研修がありました。

その研修での指導のねらいなどを交えながら、

お話したいと思います。

どうぞ、お付き合いくださいね。

 

転職は、

人生の大きな転機。

皆さんの中にも、転職された経験をお持ちの方もいることでしょう。

昔と違って、

採用する側も応募する側も、

転職することへの意識面でのハードルは低くなったし、

中途採用者の受け入れは一般化しましたね。

 

転職の目的やきっかけは人ぞれぞれでしょうが、

それがどのようなものであっても、

転職は、

人生における数少ない転機であることは確かです。

 

研修の冒頭、

こんな質問をしました。

 

「『転機』って、どういうことだろう・・・?」と。

 

皆さんは、転機をどう考えますか?

 

 

「自分が、これまでよりも良く変わるチャンス」

僕はそんなふうに位置付けて、

受講者の皆さんに共感してもらうことから研修をスタートしています。

 

で、

「そのチャンスを、あなたは活かしていますか? つかもうとしていますか?」

が次の質問です。

 

生きるために仕事をする・・・

収入を得るために働く場を求める・・・

これはその通りです。

 

その満足度や妥協の度合いはいろいろでしょうが、

縁あって中途入社できたわけですから、

そこで「生きる、収入を得る」ことについて、

採用が決まったとき、

または初出社のとき、

「この会社で次の人生を頑張ろう」

と、誰でもそれなりに嬉しさを感じながら決意したはずです。

 

今回の中途入社組は今年4月入社の方々。

入社から約半年たって、

その嬉しさや決意は、今もなお強く深く心にとどまっているのでしょうか?

 

僕の問いに受講者たちは、

「あ・・・・、そんな想いはどっかに行っちゃったなぁ」的な反応です。

毎日の業務、

毎日の生活に振り回されて、

仕事を中心とした毎日に慣れたことでマンネリ化も感じてる。

そして、

会社への不満も出てくる、

上司や同僚への不満も出てくる・・・

「あ、また前の会社のときと同じ状態になってる・・・」

と気づけるなら救いようがあるけどね(笑)

 

転職は、自分の人生の転機だったハズなのに。

良く変わるチャンス、

見事に逃してしまってますね、これじゃぁ。

つまり、

転職前の人生よりも良くなる・・・なぁんてことは、

望めないってこと。

 

「でもね、みんなはまだ大丈夫!キャンペーン期間だから」

って励ます僕です(笑)

 

立ち止まる勇気

振り返る勇気

どうしたらいいか考える勇気

「みんなは、今の自分を見つめなおすことってあるのかな?」

これが次の問い。

 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

だって、

忙しいし、

気持ちの余裕もないし、

それどころじゃないから・・・って、みんな言う異口同音で。

 

確かにそうかもしれない。

 

でもさ、

自分の人生をより良くするために自分を見つめるのに、

「忙しくって、それどころじゃない」って、

人生を良くしたくないのかなぁ・・・?

 

「いや、そりゃあ人生は良くしたいですよ」って言う、これもみんな。

 

「じゃぁ、どんな未来にしたいの?」

「その未来の実現に向かって、何を、どんなふうにやってるの?」

「自分を見つめなおすことじゃないとして、どんな方法があるの?」

 

「とにかく、一生懸命に働くことです」と言う受講者たち。

 

もちろん、今の自分を何も考えていないワケじゃないと思う。

でも、

一生懸命に働くことだけで、

ただ忙しい、余裕がない(と感じる)だけのルーティンの毎日。

より良い人生や望む未来に向かう方法など見つかるのだろうか・・・。

 

立ち止まりなさい!

そして、自分を見つめなさい!

内省するのです。

チェックポイントはカンタン。

今の自分は・・・

★お客様のお役に立てているだろうか

★職場(チーム・グループ)の役に立てているだろうか

★会社の役に立ててるだろうか

この3つが基本。

まずは、これについて自問してみる。

あとは、チェックポイントを自分で加えていけばいい。

そして、

自分で見つけた課題に、

「自分には、何ができるだろうか?」

「何から始めたらよいのだろうか?」

と、

矢印を常に自分側に向けて考えてみる。

矢印が外向きというのは、

だって上司がバカだから、とか、

だって給料が安いから、とか、

だって仕事がキツイから、とか、

自分の努力だけではどうにもならないようなことのせいにすること。

これ、まったくの時間とエネルギーのムダ!!

矢印は自分向きに。

これ、良くなる人の基本だから。

「じゃぁ、自分に何ができるのか」

「じゃぁ、自分ならどうするか」

この思考回路が習慣化すると、人生は確実に良化します。

 

だから立ち止まって、

内省することを定期的に、継続しましょう。

毎月1回、10分の内省タイムからスタートしてみましょう。

 

ありたい未来は、

正しい思考と正しい行動の習慣化で実現する

良く変わるチャンスは誰にでも平等に与えられています。

問題は、

数少ないそのチャンスをつかめるかどうか。

転職もその一つだし、

人生の転機、それも巨大な転機。

転機をものにする人だけが、ありたい未来を実現できます。

何も、特別な能力など不要です。

要は、

日常の思考、そして行動から。

 

しつこいけど、

毎月1回、10分間の内省から始めることをおすすめします。

 

コーチングは、そのサポートをします。

一度、体験セッションを受けてみませんか。

お待ちしております。

 

気に入っていただけたら

ポチっとお願いします

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村