非常識のススメ

皆さん、こんにちは。

モチベーターの菊地修です

 

大型連休の方も多いことと思います

皆さん心豊かな日をお過ごしでしょうか

 

いつもの休日とは違った時間の流れ、

ふだんなかなか会えない人とのかかわり、

初めての風景との出会い・・・

そんな「いつもと違った時」に身を置いたときの

「いつもと違った自分」を発見できたらいいですね。

違った自分を感じることは

「ありたい自分」

を明確に描くことにもつながっていきます。

 

僕は今、実家の秋田に帰省しています。

ここは墓掃除にきたお寺。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

まだ少し、桜が咲いてました。

ゆるい風に、ひらひら舞い落ちる桜の花びら。

何度もこの季節に来てるから見慣れた風景のはずなのに、

なぜか初めて見るような感動がありました♪

特別なイベントを予定していない今回の帰省ですが、

この風景の中にいられたことで得した気分です。

 

さて、

今日のテーマは「非常識のススメ」です

どうぞ、お付き合いくださいね

 

「考える」と「悩む」

違いは大きい

はじめに確認させてもらいますが、

ここで言う「考える」とは

「悩む」とも違うし

「物思いにふける」とも違って

問題や課題を改善・解決するための「考える」です。

いつもお伝えしているように、

「悩む」というのは

問題の捉え方が、グルグルグルグル同じレベルに留まっている状態で、

「考える」というのは

問題を解決して前に進もうと、手段や折り合いのつけ方を思考している状態です。

 

悩むことを否定はしませんが、

多くの場合、

「悩む」ことは後ろ向きな思考となるし、

経験からも言えますが、

悩んでも良い方向に進まないし望む結果も出ない。

だから、

悩んでいる時間はもったいないし、ムダ。

それよりも解決や改善の方法を考えよう!・・・というのが僕の考え。

 

そんなことは皆さんわかっていらっしゃるんでしょうけど、

悩むことを、なかなか止められない。

それは

起きてしまった「過去」に執着しているからでしょうし、

どうなるかなんてわからない「将来」を憂えているからでしょう。

ただ、

自分のこれからの将来(人生)に「より良く、満足のいくもの」を望み

そこに向かおうと意欲を持つことは大切ではあります。

もっと言えば、

自分の願いや望みというゴールに向かって

行動し実践することが、将来への憂いを消してくれます。

思っているだけじゃ、叶いませんから。

だから、

あなたの「もっと」を実現するなら、悩んでちゃダメ!

 

私たちは常に、問題と解決の連続です。

マイナスの問題だけではなくて、

やりたいことがあるけど、いつやるか

〇日の何時にやることにしよう

 

この前Aさんに話したことがうまく伝わらなくて不機嫌そうだった

もう一度、今度は丁寧を心がけて話したら快諾してくれた

 

仕事が思った通りに進まない

進め方を工夫してみたらスケジュールに間に合った

などなど、

内容の重さ(軽さ)や優先度(高低)にかかわらず

常に問題が現れ、

考えて解決しています。

考える力がもっと強くなれば、願いも望みも叶いやすくなりますね。

 

今の自分を変えたいなら

非常識な人になれ!

非常識な人になれ!なんて

失礼ですよね(;^_^A

でも、僕は強くそう思っています。

実はこれ、

「考えることの大切さ」と密接につながっているから。

もっと言うなら

今の仕事がAIやロボットに代替されないためにも、です。

AIと比較したときに

「考える力」は人間が優位に立てる数少ないものになるから。

 

常識にそった生き方は、

大多数の人たちが大切だと考えているし、

特に日本では、この思想が高く評価されてきたことも確か。

他のみんな(多くの人たち)と同じであることで

目立たないから、

批判や非難の対象にならないという防御策でもあるしね。

そこに安心感を見出している。

 

でもね、

常識的と言われる人って

現状への気持ち的な満足度が高い人なんですよ、たいがいは。

それはそれでOK。

こっから先は読まなくて結構です(笑)

 

僕がお伝えしている相手のイメージは

もっと切実に

自分をもっと良く変えたい

みんなと違う自分を見つけて、「ありたい自分」として生きたい

と願っている人なのです。

ところが

どんなに切実な願いを持っていても、

どんなにスキルや知識を身につけても、

どんなにマインドセットしても、

実践や行動を妨げてしまうのが

「常識」ってやつ。

しかも「世間一般の常識」は

自分が考えたものじゃないのにね。

 

今日は暑かったからコンビニで水を買いましたけど、

「水を買う」なんこと、

今は常識になってるけど、つい最近までは考えられなかった。

水と安全はタダっていうのが常識だったでしょ。

だから「常識」なんてどんどん変わるものだし、変わるべきもの。

特にこんな時代だからこそ、なおさらね。

 

回数が浅いセッション(特に起業を目指すクライアント)でよく聞くのが

「こんなビジネスをしたいんですけど、うまく行かないですよねぇ」

とか

「こんなこと考えても、みんなに笑われちゃいますよねぇ」

とかいうクライアントの不安(悩み?)。

 

これらに共通しているのが

「常識的に判断している」ところ。

今の常識でしか見ないから、不安になっちゃう。

世間の常識を変えるくらいの(とまで言わないにせよ)、

強い想いと工夫があれば、うまくいく。

 

「いわゆる常識」で考えればそうかもしれないけど、

せっかく「自分がやりたい! やる!」って思ったことをためらうのは、

ほとんどが「常識」の存在だから。

 

実は僕たちは

「常識」の下で守られている面は確かにあるけど、

「自分はどうするか?」を考える力を、確実に失ってしまっているのです。

常識に照らし合わせて判断したり、

他の大多数の人たちと同じでいるほうが

楽だから。

自分で考えなくていいし。

でしょ、多くの皆さん!(笑)

そこに気づかなきゃ。

 

もしあなたが、

本気で、切実に、

自分のこれまでを変えて

もっと良くなりたい

と願うのであれば、できますから!

 

その絶対条件の一つは

「常識」から自分を解放させて考えること。

つまり、

非常識になること。

そこから、

今までとはまったく違った自分の強みやアイディアが沸いてきますから!

 

さて、

あなたは、どう考えて前に進む?

 

★★★朝のマインドセットを応援する菊地修のメルマガ★★★

1日が始まる朝は、マインドセットに特に大事なとき。

その日を創るのは自分にしかできません。

「ありたい自分」に近づくためのヒントをお届けしています。

お手数でしょうが、こちらからご登録ください

http://www.mag2.com/m/0001682259.html

 

それでは、またお目にかかりましょう♪

G.W後半も、毎日が良い日になりますように!

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村