わが子へのサポートとは

皆さん、こんにちは!
モチベーター&コーチの菊地修です

昨日は全国的にいい天気でしたね

我が家では
布団とシーツや枕カバーを洗濯して
お日様に向けて干しました

寝るときには
太陽の香りに包まれてるようで
気持ちよく眠りつけました

お知らせです

6月後半以降のセミナー&コーチングセッションについては
明日のブログでのご案内を予定しています
あと少しだけお待ちくださいね

さて、今日のテーマは
「わが子へのサポートとは」です
どうぞ、お付き合いくださいね!

=======================================
親はいつだって
子の役に立ちたいものだから
=======================================

5/26の「親ができるコーチング」は
一週間たった今もたくさんの方が読んでくれているようで、
メールでのご感想も続いています

その関心の高さに
あらためて気づかされているところです

※読んでない方はこちらからどうぞ
http://k-sogo.jp/blog/archives/792

親にとって
わが子が無事で健康に育ってくれることが
何よりの願いであり、
子への無償の愛は
深く尊いものだと思います

子どもは
乳幼児から小学生・中学生とどんどん成長しますので、
親も子の成長に頼もしさを感じるでしょうし、
育てている実感を持つこともできるでしょう。

反面、
子どもが成長するにしたがって
進学や就職という次のステージへの準備も必要となったときに
親ができるサポートの少なさに戸惑いや虚しさを感じる人もいます。

昨日セッションした人の話です

この方には中学生のお子さん2人がいて
上のお子さんは来春、高校進学を控えています。
いわゆる受験生、ですね。

親としてどんなサポートをしたらよいか・・・?
そんなテーマでセッションしました。

この方は
「高校選びは偏差値次第だし
大学選びも偏差値次第。
就職や仕事選びは
子どもが成人するころには世の中が大きく変わってるだろうし
本人次第。
そう考えると、
小さかったころと比べて、親がサポートできることが少ない。
特に進学や就職についての知識も、親にはないし・・・」

つまり、
わが子の未来が不安だし
十分なサポートができない自分のことも不安
ということです

気持ち、本当によくわかります。

こういう不安や悩みを持っている親って、
意外に多いと思いますよ。

本人次第ですから、と言いながら
「親として何かしてあげられないものか?」
と考えるのが、まさに親心でしょうからね。

子どもが成長すると
親にとっては
だんだん手が届かない存在になっていく。

それが
嬉しくもあり
寂しくもある

親としては
いつまでも子の役に立っていたい・・・
そんな思いを、僕は理解できます。

親として生きている限り、
子とは、縁は切れませんからね。

成長する子へのサポートのあり方って
なかなか難しいことですね

========================================
知識の提供じゃなくて
「考え方の育成」でサポートする
========================================

僕たち大人は
受験も就職も経験済みです

自分が受験や就職をしたときの
成功談や失敗談を
子に伝えることはできますが、
あの頃とは
もう時代が違うんです。

子どももその時期を控えると
学校や塾の進路指導もあるし、
専門の情報もネットでいくらでも入手できるし、
友達どうしの情報交換だってできる。

その面で
親がサポートできるものは無いと考えたほうがいいでしょう。

親ができるサポートとは
進学情報や就職情報という「知識」の提供ではなくて、
進学して学ぶこととか
卒業して仕事をすることの意味や意義に
どう向き合うのか、
「考え方を育てる」のが親にできるサポートです。

もちろん学校や教師によっては
こうした面の教育にも力を入れているケースもあるでしょうが、
それは、あってもレアケース。

では、
親として
子どもが進学することや仕事することに向き合えるような関わりを
いつから始めたらいいか・・・?

受験期や就職活動期ではありません。

多くの子が
「今、それどこじゃないから」
「そんなことより、現実的なことで頭がいっぱい」
って、拒絶するでしょうから(笑)

受験期や就職活動期を迎えるときには
すでに
考え方が育っているようにしたいですよね。

幼少期には
子どもの疑問を誘導するようなアプローチを、
高学年になったら
世の中には実に多くの仕事があって
社会にどう役立っているのかを知るアプローチを、
中学生になったら
学びや勉強を通して自分の未来にどうつながっていくのかに
向き合えるアプローチを、
中・高校生・大学生なら
自分はどんな仕事を通して自己実現していきたいのか考えるアプローチを。

たとえば、そんなアプローチをしていくのです。
できるだけ早い段階から。

多様な考え方が身についてる子は
成長して何かがあっても
社会がどう変化しても、
どうにでもできるものです。

親ができるサポート
子が成長しても
まだまだ、いくらでも方法はありますよ。

そこで使えるのが
コーチングスキルです

6月後半からは
親御さん対象のコーチングセミナーやセッションプログラムをスタートします。
どうぞ、ご期待ください!!

今日も良い日を!!!

こちらもポチっとしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村


コーチングランキング


人材・教育ランキング