「この人、ゼッタイ良くなる」の根拠

皆さん、こんにちは!
モチベーター&コーチの菊地修です

今日はさっそく本題に

今日のテーマは
「この人、ゼッタイ良くなるの根拠」です

どうぞお付き合いくださいね

==============================
コーチが大事にしてることは
「この人、ゼッタイに良くなる!」
==============================

コーチングするときも
研修やセミナーのときも
コーチとして
ぼくがとても大切にしていることがあります

それは
「この人(たち)、ゼッタイに良くなる!」
と信じることです

信じるようにする、ではなくて
信じているんです、ムリなく
(ちょっとわかりにくかな(^_^;))

その根拠はどこにあるのか・・・?

一つは
クライアントさんの夢や目標の達成を
コーチングでサポートしてきて
例外なく皆さんが良く変わっていると
自他ともに(クライアントさんもぼくも)認めていること

そしてもう一つが
(実は今日はコレが言いたい)
こんなぼくだって良くなったんだから(これでも(笑))
という実体験があるからです

夢や目標は人それぞれだし
考え方や価値観もそれぞれ違うものですから
「菊地のこれまでの人生だって、人と同じではない」
と言われればそのとおりでもあります

でもね、
皆さんと比較する気は毛頭ありませんけど
ぼくはぼくの人生を振り返ると
「とんでもないことが多かったなぁ」と思ってるんです

幼少時代は
とにかく先生や大人に行動を制限されるのがイヤで
好き勝手なことばっかりやってたから、叱られること多くて。

叱られるから、逃れようとする。
逃れるからまた叱られる、の繰り返し。

まわりとの協調性のカケラもなくて
いつも自由勝手で

勉強なんてぜーんぜんやらないし、
でもできた・・・っていう展開は陳腐で、
ぼくはホントに勉強のできない問題児でした

学校の先生が夕方
よく自宅を訪ねてきたましたっけ、親にチクり(相談し)に(笑)

とにかく、とんでもない子だった

中学に入って少しはまともになった
(これ、まわりの評価ね)

勉強も部活も頑張ったように記憶しています

高校も、まぁそれなりかなぁ・・・

大学入学で東京に来たら、
また本性が出た(笑)

始めたバイトが面白くてたまらなくて
昼は広告やイベントを企画する会社で、
夜は進学塾で、バイトバイト、またバイトの日々

親にそれがバレて
仕送りも学費もストップ(-_-;)

そりゃそうですよね
って気持ちを入れ替えればいいものを
まったく意に関せずで

今はさすがに
親にもいろんな人にも迷惑かけたなぁって思いますけど
その時はあんまり感じなかった(ように記憶しています)

社会人になると
学生時代までは何とかなってたことが
何とかならなくなった

会社という枠の中で
会社に守ってもらうお返しに
会社の求めを果たさなくてはいけないから(笑)

自分が好きな仕事はするけど
それまで蓄えてきた知識とスキル(と言っても大したことないんだけど)だけで
やろうとするから、新しい仕事はイヤだったし。

それでも
好きで得意な仕事で実績を上げて
会社には貢献していた(とその時は思ってた)

会社は
扱いにくかったと思いますよ、ぼくのこと。

で、ある時スランプ(というか当然の結果として)に。

とにかく実績を上げないとと
それまでの経験とぼくなりの常識の中だけで考えて動いて・・・

ぜーんぜんダメでしたね

初めてです
「オレってダメ人間なんだな」って自覚したの

遅いですよねぇ(笑)

一度自信がなくなると、
あとは下り坂まっしぐらで・・・

会社行くのも
仕事するのも
辛くて辛くて・・・

それが3~4ヵ月続いたような気がします

身から出たサビってこういうことなんだ
って自分に言い聞かせる毎日で

そんな時でした
コーチングという世界に出会ったのが

まったくの偶然で、
仕事のクライアントだった弁護士さんが独立開業することになり、
いろんなことで仕事させてもらったんですが、
その弁護士さんと食事してると、
超ビッグな(知らなかったけど)大御所コーチもやってきた。

そこからですよ、コーチングへのかかわりが始まったの。

このコーチのセッションを何回か受けて、
自分がどんどん変わってくるのを実感

コーチングで
あらためて
目標やゴールを共有してもらって
心のあり様を整えるサポートしてもらって
新しい行動を起こす動機を得て行動し
経験から納得し気づきを得て・・・
の繰り返し

何と言っても
一番の効果は
失いかけてた「自信」が蘇ったことでしたね

実情を全部お伝えしていたのですが、
コーチは
「できる!大丈夫!」って言ってくれたっけ

初めは
ぼくを慰めてくれてるんだろうと思ってましたけど、
次第に
「そうか、こう考えればいいんだ」
「こうすると、目標に近づけるんだ」
「よぉーし、やるぞ!」
って、モチベーション急上昇(単純だけど(笑))

コーチングしてもらって得たことはたくさんありましたが、
一番ありがたかったのが
「大丈夫! できるから!」と
いつもいつも寄り添ってくれたことでした

それがコーチとしてのぼくのスタートに
とても大きな影響になっています

現在が絶好調かと言えば
まだまだなんですけどね・・・

でもゴールに向かう気持ちと行動は薄れていませんよ

自分でわかるんですよ、
「あんな自分でも、何とかなるんだから」って。

自分はダメだとか大したことないとか
自信を捨ててしまうからよくないのです
勝手に線引きしちゃうから

ぼくがいつもお伝えしている「誰だって良くなれる」根拠は
ここにあるのです!

ぼくは
コーチングを学んで自分の潜在能力を発見でき
行動の方法を知ることで
人生が大きく良化しました

その経験を
クライアントさんにとっても
良い影響を与えられるよう活用しているつもりです

クライアントさんも
コーチングを学んで
自分も良くなって
まわりの人たちにも良い影響を与えてほしい

それが社会への貢献だと強く信じています

誰だってできる!良くなれる!

この確信が
あなたのことも
自分のことも勇気づけています

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良い日を!!!

======================================================
ここでお知らせです
現在募集中のサポートサービスはこちらをご覧くださいね
======================================================
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://k-sogo.jp/blog/archives/1183

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村


コーチングランキング