ジャッジはエネルギーをムダに消費する

皆さん、こんにちは!
モチベーター&コーチの菊地修です

昨日は少し疲れ気味でした

水分補給を心がけて
熱中症には気を付けているつもりでしたが

体が悲鳴を上げてると感じたので
ずいぶん早めに就寝しました

今朝はスッキリです♪

疲れたら休む、のが一番です!

さて今日のテーマは
「ジャッジはエネルギーをムダに消費する」です

どうぞお付き合いくださいね

=============================
ジャッジで
コミュニケーションは成立しない
=============================

コミュニケーションの目的は
お互いが持つ情報や考え方の交流であり、
それ以前に
関係性を構築する手段と言えます

コミュニケーションを成立させるポイントは
◎傾聴する
◎受け入れる(=否定しない)
が大原則です

傾聴し
否定しないで受け入れることによって
相手は自由に自分の気持ちを表すことができます

これが「安心」につながって
こちらへの好感となり
信頼関係が形成されます

ところが
本来自由に表現できる機会としてあるはずのコミュニケーションの場なのに
自分の思いを何も言えなくなることは少なくありません

それは
自分の発言を
相手がジャッジするから

それも
NGのジャッジをするから

他人がどう思うか感じるか、
気にし過ぎないで、とはよく言われますが
わたしたちは
程度の差こそあれ
誰でも他人の目は気になるものですからね

また
ジャッジする側にとっても
相手にNGを出すことで
一時的には自己満足できるでしょうけど
相手からの評価を高めることはあり得ません

つまり
コミュニケーションの目的である
「関係性の構築」には
何のメリットもない、ということになりますよね

相手の発言に
好きとか嫌いとか
同感するとかしないとか
感じるのは自由です

それは個人の感覚ですから
あってもいい

OKジャッジなら
それを伝えることで得られるものは多いけど、
NGジャッジを伝えるのは
伝える側も言われる側も
ムダなエネルギーを消費します

もちろん
ディベートなど
否定も含む意見交換(自己主張)を目的として
あらかじめ設定されているのであれば構いませんが
そうではない日常のほとんどの場面では
ジャッジするのはお互いが疲れます

たとえ
自分の考えと違うと思っても
「この人はそう考えているんだな、なるほど」と、
肯定できなくても
否定しなければいいのです

ツイッター上でも
NGジャッジがよく見られますよね

ツイートした本人との信頼関係にあるのならまだしも
(それでも否定することにメリットは少ないけど)
考え方どころか人格まで否定するようなリプも少なくない

いわゆる「クソリプ」っていうようなものが

もう一度言います

相手の発言や考えに
どう感じても、それは自由です

だけど
否定的なジャッジをするのは
双方に何のメリットもない
(ジャッジした人の一時的な満足はあっても)

だから
ジャッジしないことです

それが
楽チンに生きるコツでもありますから

ジャッジする自分に気づいたら
それは心が疲れてるのかもしれません

ゆっくりと休むことをおススメします
ぼくの昨晩のように(笑)

お付き合いいただき
ありがとうございました

今日も良い日になりますように!

=============================================
「人生を楽チンに生きる『5つの発見』セッション」
受付中です!
=============================================
詳しくはこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://k-sogo.jp/blog/archives/1183

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村


コーチングランキング