その言い方が・・・

皆さん、こんにちは!

モチベーター&コーチの菊地修です

台風の影響なのでしょうね、
今朝は雨です

今日の予報では最高気温も28℃くらいだそうで
(それでも高いけど)
昨日までよりは過ごしやすいのかもしれませんね

でも、雨の日は好きじゃないなぁ・・・

さて本題へ

今日のテーマは
「その言い方が・・・」です

どうぞお付き合いくださいね

============================
人への好き嫌いは
第一印象を引きずりがち
============================

皆さんもこれまで
たくさんの人との出会いがあったことでしょう

近所の人と、
幼稚園や学校で、
社会に出てから、
そして今だって・・・

いったい何人の人と出会ってきたのでしょうね

付き合いに浅い深いの違いはあるでしょうが、
今も付き合いのある人(好むと好まざるは別として)には
あなたにとって好きな人もいれば
苦手な人もいると思います

他人のことですから
こちらが思う相手のイメージは
実際のところ、どうなのかなんてわかりません

でもぼくたちは
相手の言葉や行動から
相手のイメージを作ります、勝手にね(笑)

相手のイメージやタイプというのは
付き合いや接点を重ねていくことで深く知ることができますが、
実はですね、
付き合いの長さや深さで変わることは少なくて、
初対面のときに相手から感じた印象を引きずるものと考えられています

「初めはイヤなタイプだと思ってたけど、実はいい人だった」とか
その逆とか(笑)

これって、あまり多くないんだそうですよ。

相手の印象は、
発する言葉
言い方、話し方
態度
表情
によって作るものですが、
相手がどういう人かわからない初対面では
「言い方、話し方」が印象の決め手になります
(もちろん表情も大きなポイントではありますが)

相手が話す内容(考え方がわかる)よりも
言い方、話し方が自分にとって好みか嫌いか、です

いくら正しい(と思える)ことを話しても
その言い方が気に入らないと
「正しいことを考えている人」と感じるよりも
「イヤなタイプだ」となってしまいがちです

せっかく出会えたのに
残念ですよね、お互いに。

言い方には
大きく分けて2つのスタイルがあると言えます

一つは「断定型」
そして
もう一つは「かもしれない型」

ま、これにも好き嫌いはあるでしょうが、
「これは、こうだ!」と言い切る断定型は
考え方や意思がつたわりやすい反面、
威圧的にとられることもあります

「かもしれない型」は
対話によって自分の内面に問いかける姿勢が感じられ、
相手との歩調を合わせようとしている印象が得られます
ときには優柔不断ととられることもありますが(笑)

そのどちらがいいとは一概に言い切れませんが、
いつも言うってるように
「どんな事を言う」よりも
「誰が言う」によって事を評価するのがぼくたちです。

「誰が」というのは
その人の人柄ですよね

そして
相手の「人柄」も
こちらが勝手に作るものです

いつの時代も
ぼくたちは他者との関係性の中で生きています

これは避けられないことです

多くの人との関係性をよくすることは
自分の望みや希望を叶えることにもつながります

ならば
自分の印象は良いにこしたことはないですよね

人はまわりから勝手な印象を作られるものですから、
初対面に限らず
「言い方、話し方」が相手にとって心地よいのかどうなのか
たまには自己点検してみるといいでしょうね

あなたの言い方、話し方が
「言ってることはわかるけど
その言い方が・・・」
になってませんか?

==============================
夢への前進は
自分を知ることから始まる
『体感コーチング』募集中!
==============================
詳しい内容と受講者の声は
こちらからご覧いただけます
↓ ↓ ↓
http://k-sogo.jp/blog/archives/1286

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました

今日も良い日になりますように!

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村


コーチングランキング