「人を育てる人」を育てる

皆さん、こんにちは!

人材育成をとおして働く人のモチベーションを高め
企業のイノベーションを応援する
教育・研修プロデューサーの菊地修です

長い出張から昨晩帰ってきました

東京に着いたらどしゃ降りに見舞われて
全身ずぶ濡れで電車に乗ったら
冷房で体が冷えてしまいました(-_-;)

体調管理はすべての基本ですから
今日は特に気をつけたいと思います

さて今日のテーマは
「人を育てる人を育てるです

どうぞお付き合いくださいね


========================
社員の状態に
気づいてますか?
========================
先日ある企業で
新入社員フォローアップ研修を実施しました

私は
研修を受講された方にメールアドレスを紹介し
「何か相談があったらお気軽に!」
とお伝えしていて、
これまでも多くの受講者から寄せられています

今回もさっそくある受講者から
相談をいただきました

仮にAさんとしましょう
4月に新卒で入社された方です

相談内容は
転職しようか迷っている というものでした

配属先が
内定の際に提示された部署(本人の希望でもあった)ではなく、
その部署の業務内容も好きになれないし
上司・同僚とも人間関係の面でうまくいってない
と感じているそうです

それで、転職しようかと・・・

私に相談するくらいですから
社内に相談したり
悩みを打ち明ける人はいないのかもしれません

「3年は我慢してみろ」と誰かに言われたようですが
Aさんは
「耐えられるのかなぁ・・・」と。

もちろんAさんも
自分にも問題はあると認めていて
会社や上司だけの問題だとは捉えていません

それでも
仕事内容や上司への不平・不満があって
会社でのストレスは大きいと感じています

でも、それを自力で解決できそうにない

Aさんは
入社してから約半年です

まだ半年と言えばそうですが
もう半年とも言えます

半年もたてば、
会社や職場のいろんなことが見えてきて
入社直後の希望に満ちていた頃とは精神状態も変わってきています

「甘い!」では片づけられませんよね

こんなとき
Aさんに必要なことは何でしょうか?

それは
信頼できる人の存在です

信頼できる上司や先輩の存在です

悩みや不安を打ち明けて
思いを受け止めてもらい
アドバイスをもらえるような
信頼できる上司がいてくれれば
Aさんの日々のストレスはかなり解消されるはずです

ひと昔前なら
どこの職場にも兄貴肌の上司や先輩がいて
こうした悩みの相談に乗ってくれたものです

ところが今の時代は人手不足で
職場の管理者である上司やリーダーも
「それどころじゃない」というのが実情でしょう

管理者の悩みとして
◎実務と管理業務のボリューム増による負担感
◎部下育成への不安感
が多くあげられています

会社は
管理者のこの悩みに
対応できているのでしょうか?

管理者やリーダーは
「人を育てる人」です

この
「人を育てる人」を育てることなしに
すべての部下が育つことはあり得ません

もちろん
上司との関係づくりが上手くて
Aさんのようなストレスを抱えずに
仕事も会社も楽しんでいる新人もいるでしょう

でも
Aさんのような新人がいることも事実です

部下育成の方法はいくらでもありますが
そのスキルやノウハウだけでは
効果は期待できません

自分の会社に合った育成方法で
社内の育成風土を創り出していかなければ・・・

私には
その方法を提供できます

是非一度、ご相談ください

お問い合わせはこちらから

bravo@k-sogo.jp

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました

今日も良い1日をお過ごしください

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村


人材・教育ランキング