スキルでつくる人柄

皆さん、こんにちは!

人材育成をとおして働く人のモチベーションを高め
企業と職場のイノベーションをサポートする
教育研修プロデューサーの菊地修です

今日はさっそく本題へ

テーマは
「スキルでつくる人柄」です

どうぞお付き合いくださいね

==========================
部下にとっての
「信頼できる上司」とは
==========================

私の研修では
「あなたにとって信頼できる上司とは?」
と受講者に考えてもらうことがあります

◎知識が豊富で業務に精通してる上司
◎自分を認めてくれる上司

受講者の答えには
いろんな表現があるものの、
大別すると
この2つになるようです

今の時代、
役職者だから とか
リーダーだから とかが
信頼にはつながっていないことがわかります

「知識が豊富で業務に精通している上司」

部下にとって会社で働く以上、
仕事を進める上で業務知識は必須ですから
自分が必要とする知識を的確に与えてくれる上司は
信頼できるのでしょうね

もう一つの
「自分を認めてくれる上司」は
業務だけにとどまらず
働き方や生き方の手本を示してくれたり
自分に合った接し方をしてくれる上司であり、
働くモチベーションアップを支えてくれる上司ということ。

知識が豊富で業務に精通している上司
自分を認めてくれる上司

そのどちらも
部下にとっては
働くうえで、
そして仕事の成果を上げるために
大切な要素に違いありません

では、
部下が求めるこの資質を
どちらもバランスよく持っている管理者やリーダーは
どれだけいるのでしょうか?

知識が豊富で業務に精通している管理者やリーダーは多い、
と言うよりも、
それが管理者やリーダーに会社が求める最低条件ですからね

一方で、
部下一人ひとりに合わせて接する管理者・リーダーは少ない

人材育成を進める上で
ここが大きな課題だと私は見ています

いくら
業務知識・スキル・ノウハウに優れていても
「人柄」の面でも部下に受け入れてもらっていなければ、
持っている知識も受け入れてもらえないのです

だって
部下も人ですから
相手に対する感情が
知識を得ようとするかどうかに大きく影響しますからね

「あの上司は仕事はできるんだけど、人柄がよくない」
は、よく耳にしますが、
「あの上司は人柄はいいけど仕事面ではイマイチ(笑)」
は、あまりないことですよね

とすると、
部下とともに進めるチームワーキングには
上司の人柄がポイントになることに気づきますね

では
その資質(人柄)をどのように育成したらよいのでしょうね

業務知識・スキルの向上は
仕事を通して、
また、研修の受講を通して図れます

ところが
管理者やリーダーに求められる人柄は
その人がすでに持っているものに頼りっぱなしで
適正な育成ができていません

実は、
人柄も
スキルによって育てられます

部下に限らず
関係するすべての人との信頼関係づくりのためのスキルです

組織において
・優れたパフォーマンスをする社員(職員)
・可もなく不可もなくな社員(職員)
・業務遂行に問題ありと評価される社員(職員)
の割合が
2:6:2とか
3:6:1とか言われた時代もありましたが、
今の(これからの)時代は
「可もなく不可もなく」の割合を
いかにして「優れた評価を得る社員(職員)」に育成するかが大切です

ITやAIが急速な進化を遂げている今だからこそ、
働く人のモチベーションや心の状態が大切です

そこに「優れた人柄の上司」が育てば
会社や職場の生産性も成果も
向上できますよね

「人柄」は
これまでの経験で身につくものですが
スキルで育つものでもあります

知識が豊富で業務に精通し、
部下などのメンバー一人ひとりを認めることのできる上司やリーダー、
今、その育成が急務です

人柄を育てるスキル・・・

学んでみませんか?

お問い合わせはお気軽にどうぞ

bravo@k-sogo.jp

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました

今日も良い日になりますように

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村


人材・教育ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村