2:6:2のせいにするな

私のクライアントには
組織の人事(育成)担当者の方も多いです。

先日、
「育成」をテーマにセッションを行いました。

課題は
「なかなか育たない人がいること」

会社が期待する状態にまで成長できていないメンバーがいるということで、
「2:6:2の法則もありますからね・・・」
と半ば諦めているのが惜しいなと感じました。

2:6:2はパレートの法則
知ってる方も多いと思いますが

社会では
2割の富裕層
6割の平均層
2割の貧困層
(今の世の中は必ずしもこの比ではないとしても)

商品も
2割は売れ筋
6割はまあまあ
2割は売れない

組織では
2割の優秀な社員
6割は可もなく不可もなくの社員
残る2割ができない社員

という考え方がパレートの法則ですね

育成担当者にとっては
みんなが同じように成長してくれることが最大のテーマ

なかなかそういかないから課題となります

では、
なぜ「できない人」が生まれるのでしょうか?

能力が低いから?
意識が低いから?

いいえ、そうではありません。

育て方が
その人に合っていないからです

同じ教育を施しても
その方法に合う人もいれば合わない人もいるのです

やり方を教えても
アッと言う間にマスターして実践できる人も入れば
時間がかかる人もいる

考え方を教えても
受け取り方は人それぞれで
意図をそのまま受け取る人もいれば
なかなか届かない人もいる

こういったことは
育成の大前提
として捉えなければなりません

能力や意欲の問題ではなく
理解・マスターするスピードや受け取り方のタイプの違いであり
それが尊重すべき個性なのです。

画一的な教育で期待する成長が見えない人には
その人のタイプと個性を尊重し、
育成フォローしていけばいいのです。

手間はかかります、もちろん。

でも
手間がかかるのが育成というものだと思いますよ。

2:6:2の法則を理由に「ダメ評価」を出したり、
「結局はその人次第だから」と諦めるよりも、
育成担当者としての関わり方を見直したほうがいいでしょうね。

ちょっと辛口の今日はこの辺で。

【お知らせ】
自走するメンバーの育て方を知りたくないですか?
「自己肯定感&コーチング」webコラボセミナー
1/31(日) 14:00~16:00
※1/27は満員御礼のため、追加開催です。

詳しくはこちらから
https://hanadayoshihito.com/lp/collabo_seminar_kh_sl/

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村