背景に思いを寄せてみる

人の言動にはすべて意味があります

伝えたいこと
表したい感情

言葉や行動・動作に込めているんですよね

マイナスの言動・・・
例えば
相手を否定する
自分を非難する
といったもので、
それを相手がよく口に出していると
「あ、この人はネガティブな人」
と決めつけてしまいがちですよね。

もちろん
相手への評価やどう思うかは自由ですから
それでも構わないのですが、
「ネガティブな人」と決めつけてしまえば
もうその人への見方は固定されてしまうし
それ以上に関係性を築こうともしないから、
残念でもあります。

私は
人の、マイナスな言動の背景を見るようにしています

耳や目で確認できる言動から
「この人はこう考えている」と認識するわけですが、
それがマイナスなことの場合は、
「なんで、こんなことを言うの?」と
そうした部分から相手を否定的に捉えてしまうのは残念だと思うのです。

でも
背景を見るということは
「何が、この人にこうさせているんだろう?」
と、
マイナスの言動をとった「その人」ではなくて、
その言動の背景にある「こと」に関心が移るんです。

その言動の背景には
何か事情があるのだろう・・・

だから
本人にも不本意な言動になってしまったのだろう・・・

そんなふうに思えば
相手に腹も立ちませんからね。

1on1セッションでも
怒りや不快の感情の原因を
相手の言動だけじゃなくて
言動の背景にあるものを見るようにアドバイスしています

相手の言動には意味がありますから

◆1on1セッションお試しコース募集中◆
1回無料(70分以内)/基本はZoomです

お問合せは
worklife.ok@gmail.com へお気軽にどうぞ