馬にニンジン

これを頑張ることでご褒美がもらえる
なら、頑張るか!・・・
となりますよね、誰だって。

自分を鼓舞したり
やる気を出そうとするときに
馬の鼻先にニンジンをぶら下げると
馬はそのニンジンを食べるために
前へ前へと進む
(本当かどうかはわかりませんけどね)

馬にとってのニンジンはご褒美だし
仕事をする私たちにとって
それは報酬だったりします

頑張ること、
目標を達成することで
得られる報酬(やご褒美)があるのと
ないのとでは
働くモチベーションに大きな違いが出ることが
研究結果でも証明されています

あと1日働けばお休みだ・・・というレベルもあれば
これをクリアすると報奨金がもらえる・・・というのもあります

ところが
この目標の「設定」が
達成がとても困難なものだったり
達成するまでにクリアする段階が多すぎる(長すぎる)と
モチベーションは
かえって下がってしまうというのも
研究結果にあります

仕事の目標にしても
生きる目標にしても
達成に向かうプロセスを細分化して
それぞれの達成ごとに報酬やご褒美を出すようにすると
モチベーション低下は防げます

一気呵成に攻めていくのもいいでしょうし
こんなふうに
段階ごとの目標設定をしていく方法もあるでしょう

要は
その人に合った進み方を選べばよいのです

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました