変化に敏感に

8月も今日で終わり

猛暑日が多かった今年の夏ですが
朝晩を中心に少しずつ涼しくなってきて
確実に季節は秋に向かってますね

さて・・・

相手の変化に敏感でありたい

私たちは忙しい毎日を過ごしていますから
自分のことでいっぱいで
他人の変化には気づきにくいものですよね

仮に気づいたとしても
それを伝えることは、なかなかしないものです。

変化の中でも
「良い変化」を伝えることは
相手にも自分にもとても大事なチャンスです

例えば仕事の同僚や部下に
◎最近のガンバリはスゴいね
◎明るく元気になってきたじゃない
◎楽しそうにやってるね
◎今回の仕事、軌道に乗ったようだね
と、
良い変化についてフィードバックすると
相手はとても嬉しく感じるものです。

ちゃんと見ていてくれてたんだ、と。

仕事上では特に
プラスのフィードバックができる場面は少なくて、
改善のための指示やリクエストをすることのほうが圧倒的に多い。

だからこそ、
プラスのフィードバックができる良い変化は
数少ない貴重なチャンスなのです

このチャンスを活かすには
日頃から相手に関心をもつこと、
特別なことではなくても、
少しでも「あ、ここが良くなった」と思えるとところを探すようにすること。

粗探しではなく、良さ探しの姿勢で。

プラスのフィードバックは
相手も嬉しくなれるし、
その様子を見て自分も嬉しくなれるのです。

お互いに幸せになれる、ということ。

より良い関係性を創るには、
こうした小さなことの積み重ねが大事です。

良い変化に敏感でありたいですね。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村