動けば変わる、必ず

なんか違うんだよな・・・
このモヤモヤ感はなんだろう・・・
自分の生活を変えたい・・・

こんなふうなことを
いつもボンヤリと頭のどこかで感じている人は
少なくないことでしょう

「今の自分(の状態)は大満足だ!」
と言える人なんて、
おそらく存在しないでしょうからね

「なんか違う」
「変わりたい、変えたい」
とは思っていても、
じっとそのチャンスを待っているだけでは
叶いませんよね

変わる・変えるためには
動いてみなくちゃ・・・
というのは誰でも知ってること

でも
実際に動き始めるかというと、
毎日が忙しくて動く時間が作れない・・・
という人がほとんどです

結果、
変わりたい、変えたいと思っても
そのままの状態が続いちゃう

「忙しくて、
今までと違う動きを起こす時間が作れない」
というのであれば
自分のタイムマネジメントをする方法があります

タイムマネジメントって時間の管理のこと

毎日の生活(仕事を含む)の中で行われていることを
次の4つに分類してみるのです

1.完全に拘束される時間
2.作業をこなす時間
3.考える時間
4.すきま時間

1.完全に拘束される時間
仕事上の会議など、自分の工夫ではどうにもならない時間

2.作業をこなす時間
慣れていて単純な仕事を、考えずに淡々とこなす時間

3.考える時間
仕事を進めるにあたって必要な時間

4.すきま時間
上の2と3の時間管理(効率化、単純化、捨てる)によってしか
4のすきま時間は作り出せません

あなたの時間管理を
見直してみましょう

そこにはおそらく
ムダもあるし
時間のかけ方の見直しによって削減できるところもあるでしょう

そこで作った時間を活用して
動いてみてはいかがでしょうか

ほんの少しでも動き出すと
必ずその結果としての「変化」が見えてきます

その変化に対して
PDCAを回していくことが
変わりたい姿への近道です

今日もお付き合いいだたき
ありがとうございました