社内コーチのススメ

BRAVO! EDUの菊地です

今回は「社内コーチ」についてお話します。

私のクライアントには、

勤務先で管理職やグループ・チームリーダーを務める方が少なくありません。

管理職やリーダーに求められるのは、

何と言っても組織の業績向上への貢献です。

そして、そのために不可欠なのが、

メンバー一人ひとりの<働くモチベーション向上>への支援だと考えます。

管理職やリーダーだけがいくら頑張っても、

メンバーのモチベーションが高くなければ、組織やチームは活性化せず業績も上がらない。

ひと昔前までは、

リーダーの強烈なリーダーシップ(根性論でもあった)で部下は頑張れたこともありましたが、

今の時代、それはナンセンス。

メンバー一人ひとりの状態に合わせて、

それぞれのモチベーションを高めるアプローチが必要です。

メンバーの抱える問題とは、

・意識は高いが、知識(業務や課題改善の)が低い

・知識はあるが、意識が低い

・知識も意識も低い(困ったチャン)

こういった状況に対して、

一人ひとりの<タイプ>を見極め、

必要なアプローチを行っていくことで、それぞれの問題を改善していく。

業務や日常のコミュニケーションの中にコーチングスキルを導入することで、

メンバーの働くモチベーションが向上し、組織・チームは活性化する。

多様な価値観を持ったメンバーですから、

十把ひとからげの指示・命令だけでは、チームは動きませんよね。

管理職やリーダーだからこそ、コーチングスキルを身につけることが必要なのです。

管理職やリーダーの皆さん、

組織やチームの活性化による業績向上のために、

コーチングスキルを学んでみませんか?

<お問合せページ>からご相談ください。

お待ちしています。

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村