求めない、ということ。

BRAVO!エデュケーションズの菊地です

昨日、継続クライアントさんとのコーチングセッションがありました。

私のセッションでは毎回の最後に、

「今日のセッションで何が一番心に残りましたか?」

と、クライアントさんに振り返ってもらうことにしています。

セッションを通した

心の変化、動きなどを自分自身で感じてもらうためです。

昨日のクライアントさんは、

「相手へのこちらの期待が勝手に大きくしてしまっていて、知らず知らずのうちに、相手の変化を強く求めてしまっていました」と振り返られました。

 

「期待」と「求め」の違いとは・・・?

「相手によくなってほしい」と思いやることは大切なことです。

相手の毎日の生活や暮らし、人生がよいものであってほしいと願うことならば。

でも、

自分のその想いが強く大きくなってしまえば、

それは、

「相手に(私が望むような状態に)よくなってほしい」

という極めて自分勝手ものになってしまいます。

「期待」じゃなくて、「求め」になってしまう。

求めると、

相手が自分の思うような状態じゃないことを、非難する。

そして、それはどんどん拡大して、

自分にとっての大きなストレスになる、しかも勝手に(笑)

 

そう、勝手なんですよ、あなたの。

相手はあなたの勝手な求めなんかにはおかまいなしですから。

 

「求めない」

決して、相手に期待しないことじゃないし、

諦めることでもない。

相手がより良い毎日、より良い人生を送れるように心から願い、

相手が主体的に仕事や生活を良くしようと生きられるように、関わることが大事。

求めてしまうと、

その通りにならない(なってくれない)ことがストレスになっちゃう。

 

リソースに気づかせる

どんな人にも、

それまでの人生があり、人生への価値観を持っています。

その人の持つ強み(=リソース/資源)も必ずある。

でも、自分自身のリソースって、なかなか気づくことができないのも事実。

相手によくなってほしいと思うのであれば、

相手に、自分自身のリソースに気づかせてあげればいい。

★自分のことが好き

★信頼できる人がいる

★自分は役に立てている

アドラーは「幸福の条件」として上の3つをあげています。

 

相手への「期待」を込めて、

コミュニケーションを通して、

相手がこの3つの条件を満たせるようになったとき、

相手は、もっともっとよくなります、自分の力で。

 

上司と部下、

夫婦・・・・・

そこに必要なのは「期待」。

 

「期待」と「求め」は、このように違うのです。

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ

ほんブログ村