協調を強いるのは・・・

ダイバーシティの大切さに
徐々に気づいてきている日本です

人口減少で働き手が少なくなり
海外から日本に移って働き生活する人たちを
受け入れざるを得ない現状において
日本人がダイバーシティを理解して実践することが重要です

外国人とは文化も習慣も大きく違いますから
それを受け入れていかないと
彼らとうまくやっていけませんからね

ダイバーシティには
こうした外国人の思想や行動を受け入れることだけじゃなくて
日本人どうしの関係性にも置き換えることができます

それは
「普通」
「常識」
といった表現にあるような固定概念です

集団など人が人と関わる場面では
多くの場合
「この人の行動は変」
「あの人の考え方は変わってる」

「だからダメな人」
となってしまうことがあります

人と違ったことをすることへの違和感は
『協調性』を強いるところから生まれています

特に日本人は協調性を尊重するよう教育を受けてきてるし
制服も髪型も、
何から何まで「みんなと同じ」が良しとされてきました

そして
「みんなと同じ」ことが安心感につながっている面もあります

でも
いつの時代も
「みんなと同じではない人」は存在していたし
これからの時代、
もっともっと「みんなと同じではない人」たちが
生きやすく、
活躍できる社会にしていかなければ
ダイバーシティの実現は難しいでしょう

私は
研修やコーチングでいつもお伝えしています

幸せに生きたいのなら
自分と相手、自分と周囲にある『異』を認めること、と。
認めて受け入れる

こういうふうに考えられる人たちが増えると
日本の未来は
もっともっと良くなると信じています

協調することに縛られず、
いろんなタイプの人たちが
生きずらさを感じずに活躍できたらいいですね

今日もお付き合いいただき
ありがとうございました