強みと弱み

成長するには
強みを伸ばす?
弱みを修正する?

もちろん
自分の強みを伸ばしながら
弱みを修正していくに越したことはない

でも、どうなんだろう?

自分の弱みや短所など不十分と思われる面の修正や改善というのは
人はなかなかやりたがらないものではないだろうか?

弱みを修正するよりは
強みや得意だと言える面をさらに伸ばすことの方が
取り組みやすいと考える人の方が断然多いのではないだろうか

結論から言うと
自己成長を目指すならば
強みや得意な面(=優位特性)を伸ばすことに力を尽くすべきと
私は考えている

問題は
自分の「強み」を認識しているか?
ということ

私たちは
「これが苦手だ」
「これが自分の弱みだ」
という負の面については自分なりに認識していても
強みについては
既に持っているし他人にもそれを認められているのにもかかわらず
認識できていない人が少なくない

自分の感情に向き合うことができる人ならば
自分の強み・弱み、得意・不得手を認識しているものだが
たいていの人は
「自分」に向き合うことを避けるものだ

それは
弱みにばかり目がいってしまうから
(楽しいことではないから)
無意識に自分に向き合うことを避ける傾向にある

だから
強みをさらに磨きをかけて伸ばすべきだ
とは言うものの
肝心の「自分の強み」が認識できていなければ
それも意味を成さない

悪いところを改めようとばかり考えてしまうのは
弱みは認識できているからだと言える

自分の強みは
他人から気づかせてもらうことが多い

「あなたの〇〇の面は素晴らしいね」
「あなたの〇〇なところは強みだね」

自分の強みについては
他人からの評価をもらうことで知る(発見できる)ことが多い

自分では思ってもいなかった面について
他人(と言っても信頼のおける人だけど)から言ってもらえると
とても嬉しいものではないだろうか

強みを見つけさせて(気づかせて)くれる方の存在は大きい

コーチはまさにその役目を果たしてくれるはず

誰でも
強みを持っているし
例外なく魅力的な面を持っているものだ

5/6までお試しセッション実施中(無料)

お問い合わせは
worklife.ok@gmail.com

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村