置かれた場所で咲きなさい

「置かれた場所で咲きなさい」
(ライホルド・ニーバー)

置かれた場所で咲きなさい

しかたがないと諦めるのではなく
花がそこで咲こうとするように
今の居場所で最善を尽くすことです

咲くということは
幸せに生きるということ

あなたが幸せに生きることでまわりの人も幸せになり
あなたはさらに笑顔になれます

幸せを感じて笑顔になれば
まわりの人たちも笑顔になれます

神は
あなたを特別な場所に植えたのです

あなたが
他の人とわかり合い分かち合えれば
あなたの人生は輝きはじめます

咲くことは
輝くことです

神が植えてくれた場所で
あなたが花を咲かせるとき
人生で一番美しい花になるでしょう

置かれた場所で咲きなさい
———————————————————

有名な詩のようですが
私は
「置かれた場所で咲きなさい」の一文こそ知っていましたが
全文を読んだのはつい最近のことでした

この
「置かれた場所で咲きなさい」を
どう感じ
どう捉えるかは人それぞれでしょうが、
私が強く共感できたのは
「しかたがないと諦めるのではなく
花がそこで咲こうとするように
今の居場所で最善を尽くすことです」

のところでした

人はなぜ諦めてしまうのか・・・

特に
自分自身には能力がない とか
やりたいことも、得意なこともない
と思い込んでしまうところに
「諦め」が生まれてしまうのかなぁと

コーチングで多くの人をサポートしていて、
自分の中に眠っている才能に
気づいていない人が多いことを痛感しています

それは
他から「才能」と思われることも
自分にとっては「当たり前」なことと認識していて
普段から特別に意識せずに
そう考え、そう動いている

だから
自分にとっての当たり前のことを
「自分の才能だ」
とは思えないのでしょうね

諦めちゃいけない、と言う気はないのですが
自分の才能に気づかずに人生を送っているとしたら
それは幸せだとは言えないだろうと

置かれた場所(=今の状態)で
花を咲かせるのは
自分の才能に気づくこと

そのためには
自分をもっとよく知ること

それには
自分の才能に気づかせてくれる「誰か」がいると
いいのではないでしょうか

私はコーチとして
セッションの際には
相手の内側に眠る才能を探すことに
全神経を集中させています

必ず見つかります

今日のセッションでも
相手の方の中に
素敵な才能を見つけることができました

置かれた場所で
諦めずに(才能に気づいて)
美しく咲きましょう

========================================
【お知らせ】
「自己肯定感」×「コーチング」をテーマに
オンラインセミナーを行います

詳しくはこちらから
https://hanadayoshihito.com/lp/collabo_seminar_kh_sl/
========================================

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村