自分の現在地を知る

近年稀にみる大雪で
雪国の方々はたいへんなご苦労をされているようです

ニュースで大きく取り上げられた関越道の立ち往生は長時間に及び、
昨晩やっとすべての車が一般道に下りたらしいですね。

ここで二晩も身動きが取れずに
雪の中でじっと解決を待つのは
どんなにか心細く不安だったことでしょうか・・・

私たちは
この先どうなるのかがわからないと
大きな不安を感じるものです。

立ち往生に巻き込まれたテレビリポーターも車中から
「今、高速上にどれだけの車がいるのかまったくわかりません」
「高速道路会社のホームページを見ても情報が何もありません」
と悲痛な声で伝えていましたよね。

先の見えない不安
先が見える安心

ふだんの生活でも言えますが、
間もなく年末となる今は特に、
仕事納めに向けてラストスパートをかけるときではありますが、
だからこそ、
自分が決めたゴールに向かって
今、どこにいるのか?
正しいルートを進んでいるのか?
を客観的に、
ドローンで空から見るようにしてみたいですね。

俯瞰・客観視には効果的なやり方があります。
それは
良質の質問と適切なフォードバックで気づきを得ること。

コーチングが得意とする部分です。

忙しい時だからこそ、自分を俯瞰する。

コーチングは俯瞰・客観視をお手伝いします

スポットセッション募集中です

詳しくはこちらから

https://k-sogo.jp/blog/archives/2234

今日はこの辺で。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村